ノバルティス ファーマの医療関係者向けサイト

製品について
PFS投与方法

ゾレアの投与部位

  • ゾレアは上腕外側、大腿部前面、下腹部(へそ周囲の約5cmを避ける)など皮下注射可能な部位に投与する注射薬です。
  • 投与量は注射部位1ヵ所につきオマリズマブ150㎎以下とし、2回以上の注射を必要とする場合は注射部位を変えてください。

ゾレア皮下注75mg/150mgシリンジの構造および名称

ゾレア皮下注75mg/150mgシリンジの構造および名称
注意
  • 本剤は遮光が必要なため、外箱に入れたまま冷蔵庫(2~8℃)で保管し、凍らせないようにしてください。
  • 投与を検討する場合、天然ゴム(ラテックス)に対してアレルギーがあるかをご確認ください。
  • 投与する15~30分前に、プレフィルドシリンジを冷蔵庫から出し、外箱に入れたまま室温に戻してください。
  • 本剤は、室温においた後、再度2~8℃で保管して使用することはできませんので、確実に投与が決まった段階で室温に戻してご使用ください。
  • 投与直前に開封し、プレフィルドシリンジに異常がない(薬液が無色~微褐黄色で澄明かつ目にみえる異物がない、シリンジが壊れていない)ことをご確認ください。薬液中に気泡がみえる場合がありますが、問題はありません。
  • 小児の手の届かないところに保管してください。
  • 外箱に表示されている使用期限を過ぎている場合は、使用しないでください。

ゾレア皮下注75mg/150mgシリンジの投与方法

  • ゾレアを適正にご使用いただくために、以下に記載された事項をお守りください。
  • ゾレアの投与は、皮下注のみとしてください。
1

注射針カバーは固くはまっているため、 で囲んだ注射針カバーの先の部分をしっかりと持って外してください。

注意
  • 注射針カバーには乾燥天然ゴム(ラテックス由来)が含まれているため、ラテックスに過敏な方はご注意ください。
  • 針ガードで針が覆われてしまうのを防ぐため、使用前に針ガード作動クリップに触れないでください。
  • 注射針の先に薬液の水滴がみえることがありますが、問題はありません。
2

注射部位をアルコール消毒綿等で消毒後、皮膚を軽くつまみ、注射針を刺してください。確実に注入するために、注射針を根元までしっかりと刺しこんでください。
本剤は上腕外側、大腿部前面、下腹部(へそ周囲の約5cmを避ける)など皮下注射可能な部位に投与してください。

注意
  • 同一箇所へ繰り返し注射しないでください。
  • 皮膚に痛み、傷、赤みなどがある部位には注射しないでください。
3

人差し指と中指で本体をはさみ、親指をプランジャーヘッドに添えます。プランジャーヘッドが針ガード作動クリップの間に完全におさまるまで、ゆっくりとプランジャーヘッドを押しきります。

4

プランジャーヘッドを押し続けたまま、注射部位から注射針をまっすぐ抜きます。

5

ゆっくりとプランジャーヘッドから指を離すと、針ガードが自動的にスライドして、注射針を覆います。
注射部位に少量の出血がみられる場合、新しいアルコール消毒綿またはガーゼで注射部位を揉まずに10秒間押さえてください。必要に応じて絆創膏をご使用ください。

6

使用済みのシリンジは危険のないように廃棄してください。注射針およびシリンジは再使用しないでください。

 

投与液量

【用法及び用量】(抜粋)

6. 用法及び用量(抜粋)
〈特発性の慢性蕁麻疹〉

通常、成人及び12歳以上の小児にはオマリズマブ(遺伝子組換え)として1回300mgを4週間毎に皮下に注射する。

〈用法及び用量に関連する注意〉(抜粋)

7. 用法及び用量に関する注意(抜粋)
〈特発性の慢性蕁麻疹〉

7.7 日本人を対象とした臨床試験において、本剤の12週以降の使用経験は無いため、12週以降も継続して付与する場合には、患者の状態を考慮し、その必要性を慎重に判断すること。特に、用法及び用量どおり、12週間使用しても効果が認められない場合には、漫然と投与を続けないよう注意すること。

 

ゾレアの薬剤費

※ゾレア皮下注シリンジの薬価は、2020年4月時点のものです。
※以下の薬剤費は、ゾレア皮下注150㎎シリンジの薬価で計算したものです。

1)健康保険の場合は標準報酬月額が28万円以上の方、国民健康保険および後期高齢者医療制度の場合は課税所得が145万円以上の方(ただし申請により、年収ベースで二人世帯の場合は520万円未満、単身者世帯の場合は383万円未満であれば1割負担となる)

2)旧被扶養者(以前は被扶養者だったが、現在は後期高齢者医療制度被保険者となった者)がおり、旧被扶養者との合計年収が520万円未満の場合は、申請によって1割負担となります。

※75歳以上の方は後期高齢者医療制度への加入となります。詳しくはかかりつけの医療機関のソーシャルワーカー、都道府県の後期高齢者医療広域連合にお尋ねください。